脇汗改善 脇汗を止める方法

わき汗は気になりますよね。改善するためには発汗と緊張による両方を抑える必要があります。

ワキ汗の対策について

ワキ汗の対策についてご説明します。いつの季節になってもワキ汗って気に成りますよね。特に女性ならなおさらです。
すぐに出来るワキ汗の対策としては、ワキ汗のパッドを付けるか、スプレーを脇にかける事でしょう。


最近のワキ汗パットはカラーバリエーションも豊富で、付けていても表からは目たちにくくなっています。また形も色々な服に合わせやすいように種類が豊富です。しかも消臭成分もふくまれているので、臭いもしっかりガードしてくれます。白いイモーテル


スプレーでワキ汗の対策は定番となっていますよね。ほかには塗るスタイルの消臭剤も有ります。そもそもワキ汗と言うのはアポクリン線と言うところから出てきます。このワキ汗の特質としてはベタベタしています。しかもアポクリン線にはたんぱく質や脂肪がふくまれているために、これが嫌な臭いを発します。


この臭いは自分だけならまだしも、相手に不快感を与えているんじゃないかと悩むとおもいます。これが、だんだんとコンプレックスになっていき、人と会うのが怖くなってしまう場合もあるので、しっかりとケアしていく事が望ましいです。


ワキ汗は日頃の生活環境によっても発汗量が異なってきます。スパイスが効いている辛い食べ物をよく食べる人や、お酒をよく飲む人は脇汗をかきやすい傾向に有ります。どちらも汗腺を刺激しやすいのです。あと普段の生活でストレスを溜めやすい人も注意が必要です。


汗腺はストレスの影響もうけやすいです。なので自覚がある人は、普段からスポーツをするなどストレス発散方法を見つけるのも、しっかりとしたワキ汗の防止対策です。

ワキガ 対策

ワキガは、フェロモンの異変化したもの。恥ずかしいものでは有りません。多かれ少なかれ、人には体臭があるものです。ただ、その人その人が持っている汗の成分で、体臭は大きく左右されるとかんがえられます。


わきがになる要因として、わきの下にあるエクリン汗腺、アポクリン汗腺と言う2つの汗腺と皮脂腺と言う分泌腺が大きく関係しています。エクリン汗腺とは、 暑いときに出たり、スポーツをしたときに出る、体内から熱を放出する水分中心の汗を分泌する汗腺で、アポクリン汗腺とは、脂肪や鉄分、アンモ二アなど、 体の老廃物を分泌する汗の皮脂線とされています。


わきがに大きく影響しているのは、後方のアポクリン汗腺です。そもそも、アポクリン汗腺からでる汗は、 異性を引きつけるフェロモンのような、その人自身が持っているちょっとした体臭を出す機能を果たしていますが、人によっては、老廃物を排出する成分が 入っているために、腋の下の細菌によって分解され、独特な臭いを放つ場合があるります。これが、わきがの起こるメカニズムです。


わきがとは、悪臭を放つモノと一般ではかんがえられています。汗腺から分泌される汗がバクテリア(細菌)によって分解され、そこで発酵した臭いが放たれると、わきが臭になると言うのが最有力の一般説です。人間には数種類の汗腺器官が皮膚に存在します。エクリン汗腺、アポクリン汗腺、そして皮脂腺も、その中のひとつです。これらの汗腺からの分泌物がワキガの原因とかんがえられていますが、まだ様々な意見もあって、不明な点もたくさんいるみたいです。



わき汗の匂いが気になる季節

汗の臭いは気になり出したら止まりませんよね。肉食な人はよく臭うといいますよね。あと、嗜好品が多い人。タバコお酒コーヒー。にんにく料理なども。


汗が服に付くのが気になるのでしたら、服に貼り付ける“汗取りパッド”がありますよ。途中気になったら日中トイレで新しいものと取り替えることもできますし、制汗剤と組み合わせればいいと思います。


ところで服に付いた汗はしっかり落ちているのでしょうか?弱流洗いの服ですと、しつこい汚れは落ちないことがありますので、脇の部分だけでも(生地に負担にならない程度で)手でもみ洗いしてから洗濯機で洗うと少しは違います。

あと、制汗剤ですが、私はオルビスのジェルタイプのものが今まで使った中で一番効果があると思っています。


わき汗
の対処法として、制汗スプレーもありかなとおもったのですが、
調べ始めてすぐ出てきたのは
「制汗スプレーを使ってみたけどわきの下の汗、効果なしでした」という感想。
「まだ、わき汗パットのほうがマシ」と言っているので
この人の多汗症は強いほうなんだろうなと思います。

制汗スプレーを使うと生臭いニオイがするようになったと言う人もいました。
それについては理由はわかりませんでした。
ちなみに、いろいろな種類のものを試してみたけれど同じだったそうです。

汗の程度にもよるんだと思いますが、制汗スプレー、そんなに効かないものなのでしょうか。。。


調べ続けると、効く人には効くみたいです。

ある人は
資生堂の「エージープラスパウダースプレー(無香料)」(別名 銀のスプレー)」
を薦めていました。

その人には「8×4」より
「銀のスプレー」のほうがはっきりと効果が出るとのことでした。

詳しく調べると、
「8×4」ではパウダースプレーが多く発売されていますが、
スプレーに使われる消臭成分はパウダースプレーに配合した場合、
効果が十分に発揮されていないという問題点があるそうです。

それを克服したのが「銀のスプレー」らしいのです。

さらに消臭成分に「銀イオン」を足すことで
効果を最大限に引き出しているとか。

ということで、銀のスプレーのほうが効果が出ると言うのは
どうやら思い込みではなさそうです。

ただ、メーカーは熾烈な競争をしていますから、
同じ効果を発揮するようになるのは時間の問題かも知れませんね。
そして今以上の効果だって期待できるのではないでしょうか。


合う人と合わない人がいるようなので、
自分に合うかどうか、またわき汗の程度によっても
実際有効かどうかって、使ってみないとわからないとおもいますので
買ってみるときは、あくまで「お試し」という気持ちでいることがいいのかもしれませんね。

わき汗で悩んでいる方

最近はわきの下の汗、特にひどくてタラーと流れている事もあります。

制汗スプレーなんて一向に効き目はないし、汗ワキパットもそれ以上に汗の量がすごくてすぐに他の場所からわきの下の汗、しみでる。

通販でブラジャーに直接引っ掛けて着用する銀の成分が入っている布のパットはすごくわきの下の汗吸収してくれましたが、
バンドの部分がきつくて肌に当たる部分が荒れてしまいました。

ネットで見た感じでは、「オドレミン」とか「ラヴィリン」といった名前のクリームが売られていますが、実際のところ効果はいかかがなものかと、
ショップ店員さんで自分もワキ汗で悩んでいる方に聞いてみて理解できることがあり試してみたりしました。
脇の汗に薬について教えてもらいました。わきの下の汗、オドレミンは確かに効くと思います。
その辺で売っているスプレーとは比較になりません。
塗ってからしばらくしても、わきの下の汗をかかずにサラサラとしていました。
が、長く使用すると慣れてしまって、わき汗、最初の効き目ほどではなくなってきます。
塗布した後、とてもかゆくなったりもします。が、効くので使用してはいます。
夏場は結構売り切れています。何処にでも売っているわけではないのも難点です。

わきの下の汗がしみないインナーを探していましたら。

わきの下の汗がすごい大量で、冬でもグレーの綿の長袖Tシャツとか着てると、わきの下の汗、表にしみて黒くなってしまって困っています。
中にインナーを二枚くらい重ねてもだめなので、これならわきの下の汗、絶対しみない。
というようなインナー何かいろいろインターネットなどで調べてみたりしまして実際にやってみたりしました。

でも制汗スプレーやオドレミンを使ってみたけどわきの下の汗、効果なしでした。手術するしかないのかなと思うと憂鬱です。
でもそのなかで多少効果的だったものを挙げてみようと思います。
わき汗パットがいいです。わきの下の汗、汗取りパッドを使ってもまあまあでした。
わきの下の汗に使い捨てのものや繰り返し使えるもの、インナーに内蔵されているものなどたくさんありますよ。

脇の汗に薬について教えてもらうこともありました。わきの下の汗がしみないインナーを探していました。

とても恥ずかしいんですが、思春期過ぎた頃からずうっと脇の汗に悩まされているのもうんざりになりました。

ブラウスを着て外に出ようと思っても、家で化粧をしている段階でわきの下の汗、びっしょりになって、また着替えなおしたり、
夏場はピッタリとしたTシャツは絶対着られないし、冬でもこうして暖かい部屋でいるだけで寒くもないのに脇だけ汗をかいています。


わき汗を止める

脇汗の量が多く、汗によるシミやニオイが気になって悩んでいる。そんな方はなんとかして脇汗を止めたいと思っていることでしょう。脇汗を止めるいい方法がないか、いろいろと探していることと思います。

脇汗は精神性発汗といって緊張や不安などが原因で量が増えることが多いと言われています。この場合、汗を止める方法としてはそういった精神面の揺れ動き、あるいはストレスを抑えることが挙げられます。

とはいえ、なかなか難しいもの。どうしても脇汗が減らずに困ってしまっている場合、医学的な治療を行って止めるという選択肢もあります。

皮膚科での治療では、外用薬によるもの、内服薬によるもの、手術によるものなどがあります。外用薬とは「塩化エルミニウム」を含んだもので、これを脇に塗ります。これはドラッグストアなどでも市販されています。ただし肌が敏感な方が使用するとかぶれなどが起こる恐れもあります。

内服薬とは汗の分泌を増やす交感神経の働きを抑える成分を含んだ薬のことです。主なものでは抗コリン製剤などが挙げられます。ただし、排尿障害といった副作用が生じることもあります。

それでも脇汗を止める効果が挙げられない場合、あるいは副作用などでこれらの治療法ができない場合、手術という選択肢も出てきます。これは交感神経遮断術というもので、汗を分泌させる働きをする交感神経を文字通り遮断してしまうものです。脇汗の場合は胸にある交感神経の一部を破壊することになります。

この手術を行えば、脇汗を止めることができますが、代償性発汗という、代わりにほかの部位から多く汗が出るようになるという副作用が起こることもあります。

このように、医学的な治療で脇汗を止める方法は効果が望める反面、副作用などのデメリットも存在します。自分の脇汗がどの程度のレベルなのか、どの程度の治療が相応しいのか、まず医師の診察を受けて、アドバイスしてもらうことが重要になってくるでしょう。


脇汗、そして汗のニオイはいやなものです。脇汗をよく書いてしまい、洋服にシミを作ってしまったり、ニオイを気にしている方も多いことと思います。汗をたくさんかいてしまう多汗症の人も増えており、夏だけでなく冬でも脇汗の悩みを抱えている人も少なくないと言われています。

わき汗
はストレスが非常に大きな原因となります。緊張したり、不安を覚えたり、子不運した時などに交感神経が活発化し、エクリン腺から汗が多量に分泌されるようになってしまうのです。ですから、脇汗対策としてはまず精神的な部分の改善を目指したいものです。

とはいえ、不安や緊張をおさえるというのは難しいもの。こういったものはその人の性格によるものが大きいので、改善するのは簡単なことではありません。しかし、脇汗が気になって神経質になってしまったり、つねに脇に意識が向いてしまう、といった余計な不安や緊張はさまざまな対策によって軽減することができます。

具体的には脇汗用のパットを着用することがあげられます。脇汗をかいてもパットが吸い取ってくれる、という安心感があれば脇汗に対する緊張や不安は和らぎます。制汗スプレーなども使用するのも効果的でしょう。

それでも脇汗が減らない場合は思い切って医師の診察を受けるというのもひとつの手段です。精神性発汗の場合、その人の自分が多汗症である、という思い込みから発汗量を増やしてしまっていることも多いため、医師からべつに体に異常はない、と言われれば安心することができて脇汗の量も減ることが期待できます。

そういった精神面の対策だけでは改善されない場合は、医学的な処置を行う選択肢もあります。代表的なものとしては汗腺除去の手術があります。しかし、この方法はさまざまな副作用や合併症の危険があり、行う場合は医師とよく相談する必要があります。またより安全な方法としては、ボトックス注射というものがあります。ボトックスで汗腺の働きを抑制する方法です。

脇汗は不安が不安を呼んでストレスになり、ますます汗の分泌を増やしてしまう厄介なものです。悪循環に陥らないためにも、効果的な対策をとりたいものです。

 | TOP |  »

Profile

アヤコ

アヤコ

DTIブログにようこそ!

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約